ゴールデンウィークは、いかがお過ごでしたか?
膳こころ粋もゴールデンウィークのお休みを頂いたあと、すぐに母の日のお弁当を作らせていただきました。

母の日は、一年でもっとも素直にお母さんへ感謝を伝えることができる日。

母の日の由来は諸説あるらしいのですが、アメリカに住むある少女のお話です。

アンナ・ジャービスという少女は、亡くなった母のために教会で追悼式を行いました。祭壇には、アンナの母が好きだった白いカーネーションを飾り、式に参加してくれた人たちにも白いカーネーションを配ったといいます。

大好きだった母の死をきっかけに「みんなにも自分のお母さんを敬い、感謝する機会をもって欲しい」と考え、母の日を制定してもらうことを提案しました。

生前、アンナの母親は社会活動家として、戦争による負傷兵を看護したり、病気や貧しい人のために尽力していた背景もあり、多くの人がアンナの提案した母の日に賛同したのです。

そこで、追悼式を行った5月の第2日曜日を正式に母の日とし、カーネーションを贈る習慣が始まりました。

母の日の起源やカーネーションの意味「ウェザーニュース」

母の日というと、カーネーションを送ることが一般的ですが、心がこもっていれば、どんなプレゼントでも、もしくは感謝の言葉だけでも、十分ですよね。

膳こころ粋では、新たに加わってくれたスタッフと一緒に心を込めてお仕立てさせていただきました。

次は、6月20日の父の日ですね。
みなさんは、どんな言葉をお父様に送りますか?